首页毕业论文范文

日语系本科毕业论文范文

发布时间:2017-09-25电脑版

  日语系本科毕业论文范文题目:日本語の敬語の人間関係に対する重要性

  要旨:敬語は、日本語では非常に発達している。敬語は日本語の中でかなり重要な地位を占めている。今日世界中の言語の中で日本ほど敬語を使っている言語はない。それで、日本では、敬語ができないと会話できないとよく言われる。これにより分かることは敬語は言語活動の中で影響が非常に大きいのである。敬語のシステムは、自分と相手との関係、つまり、自分が相手とどんな関係にあるかの言語表現上の様式である。敬語は面倒で嫌いだと言う人が多いが、敬語そのものが嫌いなのではなく、敬語の使い方、敬語を考えなければならない場面に立ち入ることがストレスを生むのである。そして、敬語はコミュニケーションを円滑に進める上で重要な役割を果たしている。日本語の敬語は人間関係において重要である。敬語や敬語以外の様々な表現から適切なものを選択して自分を表現するものである。

  キーワード:敬語 人間関係 敬意表現 重要性 影響

  はじめに

  敬語は言語現象の中で最も社会とかかわりの深い現象であり、コミュニケーション円滑に進める上で重要な役割を果たしている。そして、敬語は敬意を表し、すなわち、敬意表現を体現するのである。敬意表現とは、コミュニケーションにおいて互いに尊重の精神に基づき、相手や場面に配慮して使い分ける言葉遣いを意味する。しかし、日本語では、敬語詞の数が多いし、表現形式がさまざまな対象に比較的固定した体系を持っているので、日本語の最も大きな特色として広範的に使われている。それで、敬語の分類は敬語の重要性などの認識に最も必要である。日本語の敬語は日本社会の人間関係にどんな重要性があるか。本文は以下のう点に着目して日本語の敬語の人間関係に対する重要性を探究する。

  1敬語の定義と分類

  1.1定義

  敬語とは敬意を表す言葉を敬語と言う。一般的に、日本人は交際する時にお互いに相手を尊重する言葉を言う。これは話し手と聞き手の間の尊卑、優劣、長幼などの人間関係に重大な影響を与える。

  1.2分類

  日本語の敬語の範囲と分類について、今までいろいろな研究がなされてきたけれど、いろいろな考え方があって、まだ、統一されてはいない。しかし、比較的固定した体系を持っている。敬語には、一般的に、「尊敬語」、「謙譲語」、「丁寧語」の三種類がある。それぞれ状況や立場によって使い分けが必要である。三種類の敬語の使い方は非常に重要である。

  三種類の敬語の使い分け

  動詞 尊敬語 謙譲語 丁寧語

  言う おっしゃる 申し上げる 言います

  見る ご覧になる 拝見する 見ます

  聞く お聞きになる お聞きする 聞きます

  行く いらっしゃる 伺う 行きます

  来る お越しになる 参る 来ます

  書く お書きになる お書きする 書きます

  話す お話になる お話しする 話します

  食べる 召し上がる いただく 食べます

  する なさる いたす します

  いる いらっしゃる おる います

  1.2.1尊敬語 尊敬語は話し手が動作をする相手の人を高い位置におく言い方である。

  相手の動作について:

  お(ご)~になる    例:お帰りになる、ご覧になる

  お(ご)~なさる    例:お届けなさる、ご安心なさる

  お(ご)~くださる   例:お書きくださる、ご理解くださる

  ~れる         例:書かれる、会われる

  ~られる        例:起きられる、信じられる

  相手自身の性質、状態について:

  貴           例:貴社、貴国

  さん、様、殿      例:息子さん、お嬢様、会社殿

  1.2.2謙譲語 謙譲語は自分自身に用いる、自分を低い位置に置き、相対的に相手を高めて敬意を表す場合に使う。

  自分の動作について:

  お(ご)~する     例:お聞きする、ご案内する

  お(ご)~いたす    例:お見せいたす、ご回答いたす

  お(ご)~いただく   例:お越しいただく、ご同席いただく

  ~ていただく      例:話していただく

  お(ご)~申しあげる  例:お話し申し上げる、ご通知申し上げる

  お(ご)~願う     例:お聞き願う、ご送付願う

  自分の性質、状態について:

  家内、父、母、おやじ、おふくろなどの名詞は自分の側のものを低めて言う時に使う。

  1.2.3丁寧語 丁寧語は立場の上下に関係なく、聞き手に直接敬意を表すものである。

  「お(ご)」などをつける  例:お米、ご本

  文末を「です」、「ます」、「ございます」などにする。

  例:私は田中です、田中でございます。